管理業務主任者試験とは

管理業務主任者試験とは、マンション管理の適正化の推進に関する法律が制定されてから設けられている国土交通省所管の国家資格です。

マンション管理士の資格と勉強する範囲が似ていることから、管理業務主任者試験のダブル合格を目指す方も多く見かけます。

通信講座やスクールでも、マンション管理士と管理業務主任者試験の両方合格を目指すコースが開講されたりしています。

ですから、マンション管理士試験にチャレンジしようと考えている方は、管理業務主任者試験合格も目指すとよいのではないでしょうか。

両方の資格を持っていれば、より、マンション知識のスペシャリストとして活躍することができるでしょう。

管理業務主任者試験の資格を持っていれば、就職や転職に有利となると思います。

なぜなら、マンション管理会社は業務登録の際、国土交通省に対し、事務所ごとに30管理組合に一人以上の成少年者である専任の管理業務主任者を置かなければならないからです。

ですから、マンション管理会社は管理業務主任者を必要としていることが考えられるでしょう。

不動産関係に興味があるという方は、ぜひともチャレンジしたほうがよい資格ではないでしょうか。

受験資格は、マンション管理士同様に、年齢、学歴不問となっています。

試験は1年に1回実施され、合格率は2割程度という状況です。

マンション管理士の合格率が一ケタ台なことを考えると、管理業務主任者は比較的、取りやすい資格かもしれません。

Copyright(C) 2013-2017 マンション管理士の資格取得ナビ All Rights Reserved.