マンション管理士の受験資格について

マンション管理士は、国家資格です。

国家資格の代表的なものとしては、医師や看護師、弁護士などがありますが、これらの資格と同じように、マンション管理士は国家資格なのです。

ですから、マンション管理士の資格の信頼度は大変高いといえます。

そして、マンション管理士は受験するにあたり、年齢、性別、学歴、国籍、経験などを一切問われることがありません。

中卒でも、大学中退でも、若い方でも、お年を召した方でも、受験して資格を取得することができます。

同じ国家資格でも、医師は医大に行って国家試験に合格しなければなりませんし、看護師も、看護学校へ通って資格を取得しなければなりません。

しかし、マンション管理士は受験資格を問われないので、国家資格の中でも数少ない、誰でも取得することができる資格なのです。

ここが、マンション管理士の試験の魅力の1つでしょう。

ただ、マンション管理士の合格率は大変低く、難易度は高いと考えてください。

合格率は1桁台となっているので、効率よく勉強しないと、資格取得は大変難しいでしょう。

受験資格は問われないけれども、楽して取れる資格ではないと考えてください。

ただ、頑張った分、将来性のある資格でしょう。

何しろ、現在、マンションの数は大変増えていて、そのマンションの数だけマンション管理士は必要されていると考えられます。

これからもどんどんマンションは増えていくことが予想できますから、頑張って資格を取得するだけの価値のある資格だと思います。

Copyright(C) 2013-2017 マンション管理士の資格取得ナビ All Rights Reserved.