マンション管理士について学ぶ方法

マンション管理士について学ぶ方法は、いくつかあります。

スクールに通って学ぶ、通信教育で学ぶ、そして独学するという方法です。

そして、それぞれの方法にメリット、デメリットがあります。

まず、独学で取得する方法のメリットは、なんといっても費用を抑えて取得できるところでしょう。

問題集、参考書などを購入すれば勉強することができるので、スクール代などが必要ありません。

また、独学のメリットは、自分の都合に合わせて勉強するところでしょう。

働きながら、夜勉強し、マンション管理士の資格を取得することもできます。

ただ、デメリットとして、独学は資格取得を断念する確率の高い勉強方法だという点を挙げることができるでしょう。

自分を厳しく律する必要がありますし、また、問題集、参考書で自分なりに学ぶわけですから、分からないところでつまずいてしまうと、諦めてしまうかもしれません。

スクールで勉強する方法は、メリットとして効率よく勉強することができるところにあると思います。

マンション管理士の試験のポイントを抑え、ストンと頭に入れてくれるのはスクールです。

ただ、デメリットとしては独学、通信教育で学ぶ方法よりも、費用が高いところにあるでしょう。

通信教育は、費用が安く、自分の都合に合わせて学べるメリットがあります。

デメリットとしては、独学ほどではありませんが、しっかりとしたサポートを受けられないと、挫折しやすいところが挙げられるでしょう。

Copyright(C) 2013-2017 マンション管理士の資格取得ナビ All Rights Reserved.